加齢黄斑変性症 About Age-related Macular Degeneration

加齢黄斑変性症とは

加齢とともに、眼球奥の黄斑の組織がダメージを受け
視力が低下していく病気です。

Check Point

  • 物がゆがんで見える
  • 視野の中心が暗くなる・欠ける
  • 視力が低下する
  • 喫煙をしている

モノを見るときは、目の中の網膜という組織が、外から入ってきた光を刺激として受け取ります。この網膜の中心部分が黄斑です。黄斑が変化すると、視野の中心が暗く欠けたり、物がゆがんで見えたりします。病状が進行すると最悪の場合、失明する恐れがあります。

治療法

加齢黄斑変性には、「萎縮型」・「滲出型」、二種類のタイプが存在します。「萎縮型」の場合、治療は必要ありません。しかし、「滲出型」の場合は治療が必要になります。

萎縮型

加齢に伴い、網膜の細胞に老廃物が蓄積し栄養不足になると、徐々に網膜が萎縮していきます。これが萎縮型の加齢黄斑変性です。症状の進行が穏やかなため、自覚症状がない人もいます。基本的に治療は必要ありませんが、「滲出型」に移行して急激に視力低下する場合もあるので、定期的に検査を受けるようにしましょう。

滲出型

このタイプは進行が速く、急激に視力が低下していきます。治療法としては、新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する、「抗VEGF療法」が一般的です。他にも、光に反応する薬剤を体内に注射し、弱いレーザーを照射し新生血管を破壊する「光線力学的療法」、新生血管をレーザーで焼く「光凝固法」などの外科的治療もあります。

日常生活での注意点

加齢黄斑変性の発症を防ぐためには、日常の生活習慣の見直しが重大なポイントです。

  • ●禁煙を心がける
  • ●太陽の光(紫外線)を眼で直接受けないよう、屋外では帽子をかぶり、サングラスをする
  • ●ほうれん草など緑黄色野菜を積極的に摂取。バランスの良い食生活を心がける