結膜炎 About Conjunctivitis

結膜炎とは

子どもの感染に要注意。目が充血したり、かゆくなる病気です。

Check Point

  • 涙・目やにが出る
  • 目がゴロゴロする
  • 目が充血などで赤くなる
  • かゆみがある
  • 発熱・喉の痛み(プール熱の場合)

細菌やウイルスが目に感染すると、白目の一番表面の膜「結膜」に炎症が起こる感染性結膜炎を引き起こしやすくなります。目に不快な症状が現れることがほとんどですが、プール熱のように、風邪のような症状が引き起こされることもあります。
また、体に入ってくる特定の異物に対して身体が反応を起こすことをアレルギーと言いますが、アレルギー反応によっても、結膜炎の症状を発症することがあります。

細菌性結膜炎の場合

インフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などの菌が原因です。黄色ブドウ球菌は、健康な人ののどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸管などに分布しているものです。感染力は弱いのですが、目の怪我や病気など、身体の抵抗力が落ちた時などに、主に子どもが感染しやすいです。

ウイルス性結膜炎

多くの場合、アデノウイルスが原因として考えられます。とても感染力の強いウイルスなので、家族や周囲の人にうつさないよう注意が必要です。「はやり目」「プール熱」なども、アデノウイルスによって引き起こされます。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎の中で多いのは、スギ花粉症による発症です。目のかゆみや異物感などのほか、まぶたの裏側の結膜に粒状の盛り上がりができ、まばたきの際に黒目に接触して黒目に傷が付くこともあります。

治療法

結膜炎の種類によって、治療方法は異なります。

細菌性結膜炎の場合

抗菌点眼剤による治療が基本です。最近の種類によっては、抗菌眼軟膏や抗菌内服薬も必要となります。治療が適切であれば約1〜2週間で完治します。

ウイルス性結膜炎の場合

アデノウイルスへの有効な薬剤はありませんが、症状を和らげるために非ステロイド性抗炎症点眼薬やステロイド点眼薬が使用されます。抵抗力が弱っている結膜に最近が感染しないよう、予防として抗菌点眼薬が使用されることもあります。
症状はウイルスへの体の抵抗力がつくにつれて収まり、約3週間〜1ヵ月ほどで完治します。

アレルギー性結膜炎の場合

目のアレルギー治療には抗アレルギー薬が主としてと用いられます。目のかゆみなどを引き起こす指令を伝達する物質が細胞から血液に出ないように抑える薬です。目薬の形で使用されることが多いです。