網膜剥離 About Retinal Detachment

網膜剥離とは

眼球の内側にある網膜がはがれることで
視力が低下する病気です。

Check Point

  • 飛蚊症の症状が現れた
  • 急激に視力が低下した
  • 視野の隅に稲妻のような光が走る

眼球の内側にある網膜がはがれることで、視力が低下する病気です。
網膜は、目の中に入ってきた光を刺激として受け取り、脳への視神経に伝達します。カメラでいうとフィルムの働きをします。
網膜のはがれは、痛みを伴わないので気づきにくいのですが、モノを見るときに黒い虫のようなものが動く飛蚊症の症状が現れることがあります。網膜の中心部の黄斑部分がはがれると、急激に視力が低下し、失明の恐れもあります。
原因として考えられるのは、加齢や糖尿病網膜症などの病気のほか、事故などでの頭部や眼球への物理的ショックなどです。網膜の裂け目(網膜裂孔)が網膜剥離を引き起こします。

治療法

網膜剥離は症状によって治療法も異なります。

裂け目ができている場合

網膜の裂け目をふさぐために「光凝固法」という治療を行います。瞳孔から網膜の穴にレーザーを照射し焼き付けることで、裂け目の周囲の網膜とその下の組織がくっつき、網膜がはがれにくくなります。

網膜がはがれている場合

網膜剥離になってしまっている状態です。はがれた網膜を元の位置に固定する「硝子体手術」が必要です。新生血管が破れて硝子体に出血を起こす「硝子体出血」、網膜が眼底からはがれる「網膜剥離」の際に行う手術です。眼球内の圧力を保つために灌流液を注ぎながら、吸引カッターで硝子体内の出血を吸い取ったり、はがれた網膜をもとに戻したりなどの処置を行います。その他、「強膜バックリング法」などがあります。