糖尿病網膜症 About Diabetic Retinopathy

糖尿病網膜症とは

糖尿病が原因で網膜に障害を受け
視力が低下していく病気です。

Check Point

  • 糖尿病であり、目の中の血管に小さな出血がある
  • 糖尿病であり、視界がかすむ
  • 糖尿病であり、視力低下や飛蚊症を発症

網膜は、目の中に入ってきた光を刺激として受け取り、脳への視神経に伝達します。カメラでいうとフィルムの働きをします。
糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並び、糖尿病の三大合併症と言われています。糖尿病の進行とともに変化するもので、日本の中途失明の原因となる代表的な病気です。

網膜症の進行過程

単純網膜症

網膜の小出血、毛細血管瘤、硬性白斑(たんぱく質・脂肪の沈着)が眼底所見に現れます。しかし自覚症状はありません。内科的な血統のコントロールで、内服薬投与で経過観察となります。

単純網膜症

前増殖網膜症

網膜の最小血管拡張・閉鎖・走行異常、軟性白斑(多発)が眼底初見に現れます。しかし自覚症状はありません。治療には「レーザー光凝固術」をマルチレーザーで行います。この時期に行うことが重要です。

前増殖網膜症

増殖網膜症

新生血管の発生、硝子体出血、網膜剥離が眼底所見に現れます。軽度から高度の視力低下が起こるほか、ときに失明することがあります。この段階では外科的な硝子体手術を行います。硝子体の濁りや網膜剥離は60~70%は治りますが、完全な視力回復は難しいのが現状です。

増殖網膜症

治療法

完全に治すことができないので、病状の悪化を防ぐために治療を行います。
初期には、糖尿病自体の治療と、血糖(血液中の糖分量)をコントロールします。中期は、新生血管の発生を防ぐために、レーザーで眼底を焼く「レーザー光凝固術」を行います。末期になると、網膜剥離を併発しているので、そのための外科治療を行います。

日常生活での注意点

糖尿病は全身に及ぶ合併症を引き起こす病気です。糖尿病を発病して約10年で患者のおよそ半分が網膜症を合併していると言われています。

  • ●糖尿病と診断された時点で、必ず眼科を受診してください。