緑内障 About Glaucoma

緑内障とは

視野が狭くなる病気、早期発見と治療が重要です。

Check Point

  • 少しずつ視野が狭くなっている
  • 見えにくい

目から入ってきた情報を脳に伝達する際、視神経が作用します。この視神経に障害が起き、視野が狭くなる病気を緑内障といいます。症状としては、徐々に視界が狭くなっていきます。現時点では、緑内障を治療しても、一度障害された視神経を回復させることはできません。しかし、医師の指示通りに点眼薬などの薬物治療を続ければ、視野障害の進行をできる限り抑えることができるのです。そのため、慢性疾患と同様に、ご自分の病気を理解し、医師の指示にしたがって定期的な受診をおこたらず、じっくりと治療に取り組むことが大切です。

視野障害の進行

視野が狭くなっていく段階において、実際には両目でカバーしたり、目を動かしたりするため、気づきにくいのも特徴です。まず動視野計で検査を行います。OCT装置での早期検出も検討します。

ハンフリー自動視野計で測定

緑内障では視神経線維層に欠損が認められます

OCT装置で診断

治療法

一度、障害を受けた視神経は元に戻ることはないため、緑内障を完治させることはできません。したがって、これ以上症状が悪化するのを防ぐため、まず検査して点眼薬で眼圧を下げる、もしくは外科的治療などの処置を施します。

検査

眼圧検査
目の表面に測定器具を当てる、または目の表面に空気を当てて測定する、2通りの方法があります。これは、緑内障治療経過を確認するための重要な検査です。
眼底検査
視神経乳頭部を観察し、視神経の状態を見ます。視神経に障害がある場合、陥凹(へこみ)の形が変形し大きくなります。これは、緑内障発見のための必須検査になります。
視野検査
視野の欠損(見えない範囲)の存在や有無、大きさから緑内障の進行具合を判定します。

点眼薬による治療

眼圧を下げる効果のある目薬を使用します。眼圧を低下させるため、房水の産生を抑える薬や、流出を促す薬を使用します。眼圧を下げることにより、もともと眼圧が高くない人でも、病気の進行を抑えることができます。

外科的療法による治療

点眼薬を使用しても視野の欠損が進行する場合は、外科的治療を行います。房水が排出される部分(線維柱帯)にレーザーを照射し、房水の流出を促進する「レーザー療法」のほか、手術で線維柱の一部を取り除き、房水の逃げ道をつくる「線維柱帯切除術」などの治療法があります。

日常生活での注意点

極端なことを避け、無理をせず規則正しい生活を過ごしましょう。

  • ●コーヒーなど、カフェインを取りすぎない
  • ●目が疲れたら、休ませる
  • ●バランスの良い食事を心がける
  • ●暴飲暴食、夜更かしを避ける
  • ●ストレスをためないよう気をつける