眼疾患

 目にゴミが入った時の対処法
さわやかな秋となりました。
                                   
コオロギ笛

「眼に何か入って痛い
多くの方が経験されているのではないでしょうか。
大抵の場合、眼にほこりなどのゴミやまつ毛が入っていることが多く、
涙と共に流れ出されます。
今回は、それでも異物が取れなかった時の対処法についてご紹介しましょう。

                  くま本
 
【ホコリなどが入った場合】
小さなゴミであれば、ゆっくりまばたきをすることで、
涙と一緒に流れでてきます。
取れない時は、流水で洗いましょう。
水道水を手の中に貯めて、その中でまばたきをしましょう。
目はこすらないようにしましょう!
 
【鉄片が入った場合】
目に刺さっている鉄片を自分で取り除くことは困難だと思いますので、
眼科を受診しましょう!
鉄サビの色素が角膜などに付くと、すぐに目が変色するため、
鉄粉とサビを早く取り除く必要があります。
サビを放置すると角膜に混濁が残ってしまう可能性があります!! 
職業柄、鉄を扱う人は日頃から保護メガネをするなど気をつけましょう!
            レッド柄
【薬剤が目に入った時】
①まずは、流水で洗いましょう
洗面器があれば、大量の水道水を入れた中で、
目をパチパチとして、瞬きを繰り返すようにしましょう。
②その後、すぐに眼科を受診しましょう。

薬剤の中でも、強い酸やアルカリは要注意!
 強い酸は角膜を凝固させてしまい瘢痕を残してしまうことがあり、
一方、強いアルカリは目の組織を融解させてしまため
眼球の奥のほうにまで障害を残すことがあります。、
その為、早急に目の中の酸・アルカリの成分を
洗い流さなくてはならないのです。
水道水で最低10分くらい洗眼をして
              できるだけ入った異物の成分を洗い流す』
 
という初期治療が重要なのです。

酸性の異物
バッテリー液(硫酸)
トイレ用洗剤(塩酸)など
アルカリ性の異物 
運動会のライン(生石灰、酸化カルシウム)・・・
              児童の眼障害が多発したために近年使わなくなってきています
セメント・・・労災として頻度の多い異物です
モルタル
消火剤(重曹、炭酸水素ナトリウム)
パーマ液(アンモニア)・・・
            まつ毛パーマのパーマ液が目に入るケースが増えています
毛染め液(アンモニア)
脱毛剤(アンモニア)
家庭用洗剤(重曹、炭酸水素ナトリウム)
カビ取り剤(水酸化ナトリウム)
シャンプー・・・成分が中性のものもありますがアルカリ性のものもあり、
         目に入ったときにはすぐに洗眼して、
         痛みや充血と取れないときにはすぐに眼科を受診しましょう。
眼に異物が入った時は、眼科に問い合わせてみるのも良いでしょう。
 何かあれば、ご相談ください。 
           おじぎ