学会・講習報告

一気に暖かくなり、気持ちのいい季節となりました。
本日まるひさ眼科では、参天製薬による勉強会が開催されました。
    『緑内障の継続治療を目指して』
今回は、目薬の必要性・継続の重要性についてお話します。
緑内障と診断された場合の治療の継続率
  開始後    3ヶ月・・・70%
         6ヶ月・・・68%
        1年・・・・60.9%
治療開始から1年後40%の患者さんが眼科を受診しなくなっています。
衝撃的な結果です。医療従事者である私たちは、患者さんに定期的に
受診していただける様に努力の必要があると感じました。
  ✿患者さんによる要因・・・理解不足、治療効果の実感がない
  ✿医療側要因     ・・・説明不足
  ✿環境要因       ・・・家族でサポートしてくれる人がいない
  ✿治療薬の要因    ・・・効果不十分、副作用がある
様々な理由により治療継続が出来ない様です。
  緑内障になると、見える範囲が長い時間をかけて狭くなる病気です。
  自覚症状がないので全く気付かないとても怖い病気です。
  一度見えなくなった所は後から戻すことは出来ません。
目薬を忘れずにする事が大事なのです。
点眼イラスト
《毎日点眼を忘れない為の工夫》
  ①いつ点眼するか決める
  ②どこに目薬を置くか決める
  ③点眼したら印をつける
一人ではなかなか続けられないものです。周囲の協力が必要です。
  ★今日の点眼忘れてない?
  ★目薬足りてる? 
  ★次の診察日もうすぐだね     ・・・など
声かけをする事で患者さんの治療継続につながります。

やってみたいことは沢山ある  
あなたの豊かな人生の為に・・・
毎日欠かさず目薬をさすさすことを事を
忘れないで下さい!

横長イラスト

《6月休診のお知らせ》

誠に勝手ながら
6月29日(金)・30日(日)
日本白内障屈折矯正手術学会出席の為
休診させて頂きます。

00cosmos5s.gif