学会・講習報告

  1月27日(金)~29日(日)にかけて、
   名古屋国際会議場で行われた
第35回日本手術学会総会」に参加してきました。 
         
1327803473701_convert_20120129190859.jpg 1327725221848_convert_20120129191000.jpg  バンザイ
今回の学会のテーマは、
眼科手術におけるサイエンス・アート・ヒューマニティ」で、
眼科手術を科学的技術的、そして人間愛的な3つの側面から
捉えるものでした。

眼科手術は黎明期から成長期を過ぎ、成熟期に入っています。
だからこそ、人間愛的側面が重視できるように
なったのではないでしょうか。
白内障手術においては、
現時点での眼内炎予防のエビデンスや、
今ある機械・機器の利点・欠点、操作法、
眼内レンズについての報告
でした。
                 多焦点Infiniti+Beauty+Shot_convert_20110622051357.jpg
どれも、良い矯正視力ではなく、良い裸眼視力を追求しての
もので、QOVが重視されていることを感じました。
まだまだ単焦点レンズの需要が大きいですが、
多焦点レンズやトーリックレンズのニーズがあった場合には、
そのニーズに応えれるように、準備が求められます。
(多焦点レンズやトーリックレンズについは、適応の有無に
よって使用できないこともあるので、ご相談下さい) 
 
また、手術の切開創は、小切開から極小切開へ
現段階での極小切開レンズとしては、1.8㎜切開のものがでています。
切開創が小さいことで、術後の惹起乱視が軽減でき、
また感染予防にもつながります。
合併症予防や難症例に対する対策についても
講義を聴くことができました。
危機管理の上で、とても勉強になるものでした。
私自身が、印象に残ったのは、「眼科手術3Dシアター」です。
3Dの映画やテレビが話題になっていますが、
手術映像が3Dで流されているのです。
白内障手術をはじめ、硝子体手術、鼻涙管の手術まであり、
とても興味深いもので、見入ってしまいました。  
                 きりかぶ     
学会に参加させてもらったことで、
良い刺激を受けることができました。
普段、仕事の中だけでは見えなかった、仲間の一面にも
触れることができ、素敵な3日間を過ごせました。
明日からの業務に 、この学びを生かしていこうと思います。
               
ペコリ
学会で学んだことは、院内に掲示させてもらいます。
是非ご覧ください。
           1327803498005_convert_20120129201919.jpg 1327654509364_convert_20120129202032.jpg   くま本

いよいよ本格的な寒さになってまいりました。
ゆきだるま 
皆さん、白内障についてご存知ですか?
眼科に来院される年配の患者様が、
しばしば「私は、白内障があるんですか?」と口にされます。
中には、白内障があることに驚かれる患者様もいらっしゃいます。
白内障の大半を占める加齢性白内障は、
白髪や肌のシミと同じで、歳とともに誰にでも起こる変化で、
60歳代では60%以上、80歳を過ぎると、なんと90%以上
人が生じてくるのです。
治療には大きく分けて、薬物療法と外科的治療(手術)があります。
今回は、白内障手術の歴史について少しお話しましょう。
                            
   
   進化し続ける白内障手術
                     
昔の手術は、水晶体全体を取り出す手術だった為、
角膜を大きく切り開く必要があり、入院での手術が必須でした。
また、術後も厚い凸レンズのメガネによる矯正が必要となっていました。

しかし、超音波で水晶体を砕く方法が開発され、
眼内レンズが改良されて、切開創は年々小さくなってきました。

1980年代には11ミリ切開していたのが、
90年代には6ミリ、2000年代に入ると4ミリになり、
今ではわずか2~3ミリの切開で行えるようになりました。

 

さて、切開創が小さいと何がいいのでしょうか。

切開創が小さいことで、術後乱視が軽減でき、
術後の感染症を減少できます。
これによって、手術による眼への負担が減り、
安全性も高まりました。


白内障手術の方法・技術に加え、
機械・眼内レンズの進歩により、手術の適応も広がり、
比較的早い段階での手術も可能となったのです。

 

近年に至っては、術後視力がでるのが前提で、
見え方の質(QOV)が求められています。


当院でも最先端の手術を行っております。


お一人おひとりを大切に・・・
安心、満足のいく手術を提供していきます。

 

今月末に名古屋で開催される日本眼科手術学会に参加してきます。
新しい情報を皆様に発信していけるよう、しっかりと学んできますね。


127日(金)~28日(土)

日本眼科手術学会総会への参加のため、

休診させていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。
         おじぎ

 

謹賀新年2012年01月01日

 新年明けましておめでとうございます。
              お正月 
                                                                                          
旧年中は、格別のご配慮を賜り、誠に有難く
厚く御礼申し上げます。 
                                                                 
さっそくですが、今年は、新機種レセプトの機械を2台導入しました。                          
 レセプトとは、診療報酬明細書といわれ、
 医療費を計算するための、薬・処置・検査などが書いてあるものです。
 
            2011122213590001.jpg
これによって、今までお待たせしていた、診察後からお会計までの時間を
少しでも短縮できると思います。
皆様にご負担にならぬよう、今後も改善できる所は改善し、
取り組んでいきたいと思います。
本年も、皆様の力に少しでもなれるよう、
          スタッフ一同がんばります。
  宜しくお願い致します。                                   
                     
くまお辞儀